各種機能

Report

院内全体で利用可能なレポーティングシステム

所見入力画面のレイアウトや帳票出力など幅広いニーズに対応可能です。

主な特徴

  • ユーザ補助
  • マンモレポート
  • 健診レポート
  • Structured Report

ユーザ補助

ユーザ補助
  • パレット機能
    プルダウンやチェックボックスを利用して入力する支援ツールです。導入後はユーザ側でカスタマイズを行う事もできます。
  • 多読管理、履歴管理
    二次読影や研修医レポートの承認など様々なレポートステータスを管理できます。また編集されたデータはリビジョン(更新履歴)管理されております。
  • タグ、メモ、汎用ファイル添付
    カンファレンス、ティーチングなどで後から任意のレポートのみ検索するための分類機能である「タグ機能」、公開範囲を設定可能なメモ機能、汎用ファイルの添付の可能です。

マンモレポート

マンモレポート
  • マンモ
    マンモ用レポートについては精度管理中央委員会の規格に準拠したレポート入力画面を実装しています。所見内容を入力することで自動的にカテゴリーを判別します。
  • サテライトウィンドウ
    所見入力のための小型のウィンドウを画像表示エリアに配置することが可能です。画像から視線を移動することなく、最小限のマウス移動で所見入力を実現しています。

健診レポート

健診レポート
  • 連動選択機能
    上位の項目を選択することで、次の選択候補が自動で切り替わり表示されます。また、レポートを完成することで自動的に次の検査に遷移する機能も搭載しており、スムーズな健診作業を実現します。

Structured Report

Structured Report
  • 超音波Structured Report
    超音波Structured Report(構造化レポート)のテンプレートに対応しています。超音波装置から計測データを受け取り、自動でレポートに反映することができます。
  • 複数の計測値にも対応
    同じ個所で複数の計測を行った場合はそれらの計測値からどのデータを採用するか選択できます。複数の候補が存在する項目は赤く表示されるなどわかりやすい動きになっています。