各種機能

X-RIS

放射線科の業務を効率化する放射線情報システム

確実な情報伝達と作業省力化を図り、検査から会計までの円滑な業務システムの構築を支援します。

主な特徴

  • 受付業務支援
  • 撮影業務支援
  • データ利用支援
  • システム化支援

受付業務支援

受付業務支援
  • BCR、CR対応
    患者が携帯している伝票やリストバンドのバーコード、もしくは診察券を使い、オーダの検索と受付が行えます。オーダの取り違いを防止します。
  • 患者待合状況の表示
    患者の待ち順番、待ち時間を容易に把握することができます。
  • 患者他検査状況の表示
    当日他検査の内容、撮影状況を容易に確認することができます。
  • 検査予定表印刷
    検査スケジュールを必要なタイミングで、帳票印刷することができます。

撮影業務支援

撮影業務支援
  • MWM接続
    撮影装置への情報入力の手間と入力ミスのリスクを減少させます。
  • デフォルトマスタ
    検査を実施する時に使用する物品や手技、装置の撮影条件をあらかじめ登録しておくことで、毎回の登録作業の負荷を軽減します。
  • PACS連動
    検査前、検査中に関わらず、過去検査の画像とレポートを呼び出すことができます。
  • 技師間コメント
    患者に関する注意事項や撮影時の状況などを、技師間共有情報として登録することができます。

データ利用支援

データ利用支援
  • 集計
    月次、週次、日次の集計業務を簡単に行うことができます。
  • CSV出力
    RISが保持しているデータを、ユーザが決めたフォーマットでCSV出力することができます。
  • レポートI/F
    オーダ情報だけでなく、部門での実施情報も含めた連携が行えます。
  • 照射録
    電子管理された内容を表示するだけでなく、必要な時に印刷が行えます。医師別、技師別、依頼科別にサマリした内容の印刷もできます。

システム化支援

システム化支援
  • オーダ連携
    オーダリングシステムと連携することで、伝票レスの運用を実現します。伝票の紛失防止、事前の検査スケジュール確認が容易に行えます。
  • 会計実施連携
    カルテの電子化を視野に入れ、部門での実施情報を電子管理します。
  • オーダ発行機能
    オーダリングシステムと通信が出来なくなった場合でも、部門でのオーダ発行が行えます。