医療情報ITクラウドサービス NOBORI

医療情報を、みんなの手に。

医療情報を、みんなの手に。
ITクラウドサービス「NOBORI」

「のぼり雲」という言葉をご存じでしょうか。
空高く昇ってゆく雲。またその雲が昇ってゆく様を表す言葉です。自然界で空気や水が循環するように、大切な医療情報をクラウド環境に安全に保管・共有・活用し、社会の集合知へと高めて、病院・医療機関にも、医師・医療スタッフにも、患者・生活者にも、それぞれに還元したい。その願いを込めた新しいITクラウドサービス、それが「NOBORI (のぼり)」です。
高品質な医療サービス提供者と、地域の生活者一人ひとりの間に新しい絆を育み、みんなの健康な暮らしをサポートします。

新医療クラウドサービス「NOBORI」

「NOBORI」はみんなをサポート。.

「NOBORI(のぼり)」はIT技術によって、画像などの医療情報を安全に保管・利用できる新しいクラウドサービスです。レントゲン、CT画像をはじめとする大容量の医療情報データを、医療機関の外部にある、複数の医療機関共通のデータセンターで安全に管理。必要な時にいつでも参照、共有、利用することができます。PACSをクラウド化する上での課題を解決し、メリットを最大限に引き出した、高品質のサービスです。PACSという言葉に統合される様々なソフトウェア、機能も、クラウド環境でご利用いただけます。「NOBORI」は医療情報をIT化することにより、それぞれの立場の利用者にもっと身近に役立つプラットフォームへと発展していくことを目指しています。

病院・医療機関のメリット

「NOBORI」のデータセンターは二拠点(東日本と西日本)に設けており、さらにそれぞれで二重に保管することによって、データを安全にお預かりしま す。広域災害のリスクも、大きく軽減できます。さらに費用は月々の使用料のみで、初期投資は不要。運用保守を含めたトータルコストを大幅に削減します。院 内スタッフをサーバ機器の保守業務から解放し、同時にサーバ機器の更新や更新時データ移行の不安も解消。検査機器の更新による急激なデータ増加も、契約プ ランの見直しで対応可能です。解約した場合の確実なデータ返却も、初期契約時の保証に含まれています。

医師・医療スタッフのメリット

クラウドを意識させないスムーズな操作感とスピードで、必要な時に必要な情報にアクセスできます。基本アプリケーション(ビューワ、レポート、MWM、検 像等)は基本契約に含まれているので、ライセンス数を気にすることなく、院内の業務運用に合わせて必要な機能をお使いいただけます。さらに、センターサー バの利用により、症例データベース構築、医療情報統計など、長期的・複合的な視点でのデータ活用を実現。また外部医療機関との連携、患者・生活者とのコ ミュニケーション支援など、クラウドの活用によって、新しく便利な医療サービスのサポートを目指します。

患者・生活者のメリット

それぞれの患者・生活者のデータは、暗号化と秘密分散(データ分割)処理をした上で、安全な形で広域のネットワーク上に送信・保管され、個人の診療デー タ、プライバシー情報は確実に守られます。経年の健診データの履歴参照、家族でのデータ共有など、患者・生活者が主体となってデータを活用できます。希望者に対しては、病院・医療機関でのデータ保管義務年限を超える長期保管も可能。他医療機関への転院や、コンサルテーションあるいはセカンドオピニオン希望 などの場合にも、必要なデータをすばやく安全に入手でき、データの転送もスムーズです。