その他 機能/サービス

Knowledge Sharing

あらゆる医療関連データを共有するナレッジ共有システム

症例データベース、ティーチングファイル、カンファレンス機能を包含したナレッジ共有システムです。DICOM画像・レポート、パソコン上のあらゆるファイルを簡単に登録、共有できます。研究・学会を目的とした個人的な情報収集、教育・学習のための情報共有など、様々なシーンでご利用頂けます。

主な特徴

  • 様々なコンテンツに対応
  • 検索
  • コンテンツの整理
  • セキュリティ

様々なコンテンツに対応

様々なコンテンツに対応
  • PACSデータの登録
    DICOM画像、レポートをPACSから簡単に登録できます。また、ビューワの表示を1つのコンテンツとして登録することもできます。
  • ファイルの登録
    Officeドキュメントをはじめ、PDF、Jpeg、動画、音声ファイルなど、パソコン上のあらゆるファイルを登録できます。

検索

検索
  • 検索
    1つの検索ボックスで、コンテンツの内容をすべて検索できるようになっています。PDF、Officeドキュメントをはじめ、DICOM画像(DICOMタグ)、レポートの検索も一発です。ほか、検査日、モダリティなど項目を指定しての詳細検索もできます。

  • マルチな一覧表示とプレビュー
    コンテンツの内容を透過的に参照できるよう、マルチな一覧表示(詳細表示、アイコン表示、サムネイル表示)とプレビューに対応しています。

コンテンツの整理

コンテンツの整理
  • タグ
    『カンファレンス』『肺癌』などのフリーワードを、コンテンツに貼り付けることができます。このフリーワードをタグと呼んでいます。タグを使えば、コンテンツの分類、抽出を効率的に行えます。タグ付けはぜひ利用者全体で行ってください。共同作業の利便性をより体感いただけるはずです。
  • お気に入り
    お気に入りは、いわばプライベートなタグです。個人的な情報収集は、お気に入りを使って行います。
  • 関連リンク
    関係のあるコンテンツをリンクさせれば、その関係を関連マップで参照することができます。例えばDICOM画像⇔学会発表資料、レポート⇔病理結果といった相互関係を作ります。情報をより意味のある有機的な集合体にすることが可能です。

セキュリティ

セキュリティ
  • DICOM画像・レポートの匿名化
    DICOM画像、レポートは自動で匿名化されます。患者情報の漏洩を未然に防ぎます。
  • コンテンツごとの公開範囲の制御
    コンテンツの公開範囲は、用途に則して『全体』『放射線科のみ(特定グループ)』『自分のみ』などを指定できます。
  • ユーザの権限設定
    ユーザごとに『コンテンツ登録』『コンテンツ参照』などの権限を割り当てることができます。
  • 操作のロギング・ログの参照
    ユーザの操作はすべてロギングされます。後から必要に応じてユーザ操作を追跡することができます。